すなすのひとり言

宮崎から世界へ

高齢者先進国の未来について。

こんにちは、すなすです。

 

今日「ゼクシィ」を買いました。

皆さんもご存知の通り、結婚式場・結婚式の総合情報誌です。

値段はなんと300円でした。

結婚に関する膨大な情報量と付録までついてこの値段です。びっくりですね。

zexy.net

情報がありすぎてどこから読んだらいいのか、、、

少しずつ読んでいきたいと思います。

 

話は変わって、昨日とある「ディナーショー」に参加させていただきました。

CD発売1周年記念のディナーショーで、出席者は約150名、平均年齢は60~65歳くらいだったと思います。

初めてディナーショーというものに参加したのですが、想像以上に感動しました。

プログラムは前半戦と後半戦+メインという流れで、前半戦と後半戦に日ごろ歌を練習されている方々が披露するという形でした。

歌う前に一人一人のご紹介があるのですが、その内容が心打つものばかりなので、感動が2倍にも3倍にも膨れ上がりました。

その紹介の中には、歌を通して人見知りを直したいという人や、多くの人を笑顔にしたいという人が多かったように思います。

歌を歌うことで改善できることがいっぱいあるんだなーと勉強になりました。

 

昨日のディナーショーに来られていた方々のほとんどは高齢者でした。

これから日本はどんどん高齢者が増えていくので、今後昨日のような場が多くなっていくのではないかなーと思いました。

また、高齢者の新たな趣味(生きがい)として歌を始める人が多いということを知りました。なので、「歌教室」「カラオケ」「スナック」などがますますブームになるんじゃないかと思いました。

何よりも、昨日参加されていた方々の生き生きとした顔をみると、「歌・音楽」の持つパワーは計り知れないものを感じました。

 

これから、超高齢化社会を迎える日本ですが、ネガティブな要素ばかりを考えるのではではなく、ここからどうしたらより良い社会になるかを考えていったほうが面白いと思います。

昨日のディナーショーに参加して色々ヒントを頂きました。

何か形になるように動いていきたいと思います。

 

それでは。