すなすのひとり言

ポジション センターベンチ君って?

「瞬発力」を鍛える

こんにちは、すなすです。

 

8月も後半戦に入りました。

楽しいお盆休みも終わりが近づいています。

皆様、どのように過ごされてますでしょうか?

 

私は地元に帰り、楽しい盆休みを過ごすことが出来ました。

久しぶりにカエルの鳴き声と鈴虫の音色を聞き、幼少の頃を思い出しました。

たまに地元に帰るのもいいもんですね。

 

さて、本題に移ります。

今日は「瞬発力」を鍛えるというテーマであれこれ書きたいと思います。

瞬発力っていうと、どんなことをイメージしますか?

①瞬間的に作動する筋肉の力

②判断が速く、即座に行動できる能力

kotobank.jp

コトバンクから引用しましたが、一般的には筋肉のイメージかなと思います。

陸上の短距離の選手とか、ボクシングの選手とか「瞬発力」が必要なスポーツって多いですよね。

というか、ほとんど必要ですね。

こっちの瞬発力は比較的簡単に鍛えることができます。

瞬発力を上げたい筋肉に負荷を掛けてトレーニングすればつきます。

色んなトレーニング方法があるので、鍛えたい方は調べてみてください。

 

今日は②の瞬発力について考えたいと思います。

判断が速く、即座に行動できる能力

ビジネスマン含めすべての人に必要な能力かなと思います。

(判断が速く且つ正確にがベストだと思いますが、、、)

 

そもそも、判断の速さは必要か?と考える人がいるかもしれません。

答えは「必要」です。

なぜなら、結果を出す確率が上がるからです。

また、相手から何か回答を求められているときに判断の速さは「信頼」に繋がります。

遅ければ遅いほど、相手からの信頼はなくなります。

(速ければいいってもんでもなく、早く正確な回答ということです)

速さの基準は場面や内容によって変わるので、その場面に合わせた速さで判断することが大事です。

 

この「瞬発力」を鍛える方法は1つあります。

それは「世の中で起きていることに対して自分の考えを持つ習慣をつける」

事実に対して自分なりに仮説をたて、行動(検証)する。

この繰り返しです。これだけで判断の速さ「瞬発力」が変わってきます。

これを毎日繰り返し練習すれば、大事な場面で必ず役に立つときが来ます。

 

例えば、サッカーはこの「瞬発力」が筋肉と同じくらい重要と言われています。

ヴィッセル神戸に加入したイニエスタ選手は、世界トップレベルの「瞬発力」を持っていると思います。

日本人と同じ体格にも関わらず、世界で活躍できた理由です。

「いつ・どこに・誰に・どの速さで・何をすべきか」という判断を一瞬でします。

www.youtube.com

DAZNで見れます。是非!

このプレーをみたら分かると思いますが、一瞬一瞬で判断を変えてますよね。

この判断の速さが結果的にゴールに繋がったと思います。

(技術の高さも当然あります!)

 

これはひとつの参考例ですが、一瞬一瞬で最適な判断が出来るように、日ごろから意識していきましょう。

それでは。