すなすのひとり言

宮崎から世界へ

2択ゲームの歴史

こんにちは、すなすです。

サッカー日本代表勝ちましたね!
パナマ相手に3-0は見事な勝利だと思います。
パナマもロシアW杯に出場した国ですから、簡単に勝てる相手ではありません。
W杯出場国に勝ったのは自信に繋がると思います。
次のウルグアイ戦も注目です。
南野選手、伊藤選手は2戦連続のゴールですね。
やっぱり得点は大きなアピールになると思うので、代表定着のために得点を量産してほしいです。
ウルグアイ戦も期待しましょう!

さて、今日は「2択ゲームの歴史」について書きたいと思います。
皆さん2択ゲームをご存知でしょうか?
2択ゲームとは、簡単に説明すると
「〇〇と〇〇ならどっちがいい?」というシンプルなゲームです。
小さい頃よくやらなかったですか?

今日、友達とたわいもない話をしていたらいつの間にか2択ゲームの流れになっていました。

「年収700万でクビのない仕事か、年収3000万円で1年契約の仕事ならどっちがいいか?」

「毎朝4時に起きる仕事か、毎日12時まで働く仕事ならどっちがいいか?」

「顔は可愛いけどデブか、スタイルはいいけどブスならどっちがいいか?」

「過去に戻るか未来に行くか?」
この他にもたくさん2択がありましたが、こんなくだらないことで盛り上がってしまいました。
この2択ゲームって本当にくだらないですが、結構盛り上がりますよね。
会話で困ったら使ってみてください。

こんな単純なゲームですが、いつから行われてるか気になりませんか?
私は凄く気になりました。
なので調べてみましたが、結局答えは見つかりませんでした。
最近できたゲームではなさそうですよね。

おそらく縄文時代くらいからやっていたんじゃないかなと思います。

「めちゃくちゃダサいけど頑丈な土器か、誰もが欲しがるデザインだけどすぐ壊れる土器ならどっち欲しい?」
こんな感じの2択ゲームやってたんじゃないかと妄想しています。

戦国時代の武将とかも

「何でも切れる刀と絶対に壊れない鎧ならどっちが欲しい?」
とか絶対話してたと思います。
色々妄想してみると面白いですね。

過去の人たちがどんな2択ゲームをやっていたか調べるのは不可能なので、妄想に留めておきます。
なんか面白い2択ゲームのテーマがあったら教えてください。
おそらくこの2択ゲームは地球が滅びるまで続くと思います。
あー未来の2択ゲームが気になるな。

くだらない話でした。
それでは。