すなすのひとり言

宮崎から世界へ

「指示待ち人間」VS「気遣い人間」の間。

こんにちは、すなすです。

 

「考えるだけ無駄なことはたくさんある」

 

他者と関わらなくてはいけないこの世の中で、自分の評価が気になってしょうがない人がいます。

承認欲求という魔物に取りつかれてしまった人たちです。

SNSの登場により、自分はこんな凄い人間なんだってアピールしやすい環境になったことも評価社会を助長してるのかもしれません。

評価項目は様々です。

外見、学歴、年収、人間関係、いいねの数、フォロワー数などなど挙げればきりがありません。

では、少し切り口を変えてみます。

「指示待ち人間」と「気遣い人間」の対立関係においては、どちらが評価されるか?

こういったところも評価項目になります。

答えは、「どちらも」です。

非常に分かりきった答えですが、曖昧です。

ただ、間違ってはいけないのは、評価されることもあるが、酷評されることもあるということです。

そこを注意しなければいけません。

つまり、「指示が無いと動けない人間」でも「気が遣えて率先して動ける人間」でも、相手によって評価は変わってくるということです。

じゃあどうしたら良いの?って話ですね。

そのことについて少し述べさせて下さい。

実際、この問題で悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか?

身近に存在する質の悪い問題です。

悪い場合だと、心を病んでしまったり、鬱病になってしまうケースなんかもあるかもしれません。

最悪の場合も考えられます。

それぐらい難題なので、深刻に悩んで鬱になるくらいなら考えないようにしましょう、、、というのが本音です。

「どうにかなるさ」の精神です。

その気持ちさえ持つことが出来れば、神経をすり減らすこともなくなるでしょう。

ただ、世の中には「どちらにもなれる人間」がいて、とてつもなく評価されているという事実もあります。

いわゆる「要領の良いやつ」「可愛がられるやつ」「世渡り上手」なんて表現されてるかもしれません。

私はこういった人間を「センターベンチ君」と呼んでいます。

どんな世の中でも、どんな環境でも生き残れる人間です。

皆さんも周りにもいませんか?

もし、そういう人間に出くわしてしまっても決して嫉妬したり、恨んだり、憧れたりしてはいけません。

恐らく歯が立たないでしょうし、それこそ心を病んでしまいます。

そういった人間は観察能力が高く、人間感情を察知する嗅覚がずば抜けています。

言ってしまえばセンスの塊、天才です。

さて、そういった特殊な人間がいるということは横に置きましょう。

まずこの問題に直面したとして、あなたはどっちの人間なのか考えましょう。

「指示待ち人間」なのか。

「気遣い人間」なのか。

どちらの(どちらよりの)人間でしょう。

私は間違いなく「指示待ち人間(より)」です。

人に気を遣うのがどうしても苦手です。

気を遣うと失敗することが多くあります。

そして、気を遣うことが100%良いことだとも思っていません。

気を遣って悩むくらいなら、気を遣うことを極力避けようと思っています。

例えばこんなケース、あなたならどうしますか?

会社の飲み会で、先輩や上司のグラスが空っぽになっています。

①先輩から依頼されるまで注文しない。

②先輩に飲み物を聞いて、注文する。

これは本当に良くあるケースです。

正直、答えはありません。

私は①先輩から依頼されるまで注文しない派です。

なぜなら、飲み物は自分の飲みたいタイミングで頼めばいいと思っているからです。

あと、気を遣って先輩に飲み物を確認したら、あんまり飲ませるなと怒られる可能性もあるからです。

考えすぎと言われるかもしれませんが、そういったリスクもあります。

それならば、わざわざ気を遣う必要はないなと思うわけです。

「気遣い」が「余計な推お世話」になるわけです。

誰も得しませんね。

なので、やめましょう、お互いのために。

ただ、相手によっては「気が遣えないやつだな」と言ってくるかもしれません。

そのリスクもあります。

考え方次第ですが、そんな小さなことでウダウダ言うなよと思うか、次はその人だけ注文を聞きまくるのがオススメです。

私の性格では、気を遣いすぎて神経をすり減らすよりも、相手を見ながら適当な対応をすることが自分を守る手段であると考えています。

そうすることで、神経をすり減らさずに健全な精神を保っています。

逆に「気を遣わないと気が済まない」という性格の人もいます。

気を遣うことが自然にできて、気を遣わないことにソワソワしてしまう人です。

そういった人は、遠慮せずに注文を聞きにいって率先して動けば良いと思います。

それで怒られても、落ち込むことはないでしょう。

つまり、自分がどういった性格なのかをまず把握し、自分の思うままに動けば良いということです。

あまり考え過ぎず、気楽にいきましょ。

人の評価を気にするあまり、神経をすり減らしていることにも気が付かないこのご時世に負けないように。

それでは。

 

 

 

オロオロが止まらない(Panic doesn't stop)

こんにちは、すなすです。

「こんなに感動する日は二度とないかも」
(Maybe never be such a moving day.)

f:id:su-nasu:20200320220759p:plain
初日

2020年3月19日。
(March,19,2020)
子供が産まれました。
(My first baby boy was born.)
2800gの元気な男の子です。
(My baby is healthy boy of 2800g.)
母子ともに健康です。
(Both mother and baby are healthy.)
何よりです。
(That's OK.)

予定日よりも2週間ほど早く産まれてきました。
(My baby was born about two weeks earlier than we expected.)
産まれてくるのは4月と思い込みすぎてました。
(We were too convinced to be born in April.)
気持ちの準備もままならずでしたが、、、
(I wasn't ready for my feeling,but...)
妻の頑張りもあって、無事産まれてきました。
(With my wife's effort,my baby was born safely.)
ありがとう。
(Thank you.)

産まれてきたその瞬間。
(The moment of being born.)
声を聞いた瞬間。
(The moment that heard your voice.)
これまでに感じたことのない感情が込み上げてきました。
(Emotion that I have never felt before have been incorporated.)
背中がゾクっとしました。
(My back was nervous.)
今までにない感覚でした。
(It was unprecedented feeling.)

妻が頑張っている間、本当に何もできない自分。
(I can't do anything while my wife is working hard.)
痛みに耐えて、我が子を産んでいる妻。
(My wife who endured pain and has my baby.)
隣でオロオロする自分。
(Myself who can't do anything.)
身を削りながら新たな生命を誕生させている妻。
(My wife who is creating a new life while shaving herself.)
ビデオ片手にオロオロする自分。
(Myself who make a video in one hand.)

改めて「母、強し」という言葉を実感致しました。
(I once again realized the word "Mother,strength".)
女性の強さを感じました。
(I felt the strength of women.)
本当にありがとう。
(Thank you very much.)
これから二人で大事に育てていきましょう。
(Let's nurture him together.)
二人とも本当にお疲れさまでした。
(Both of you were really appreciate.)


それでは。
(Then.)

時が経つのは早いもので(Time passes quickly...)

こんにちは、すなすです。

「3月なのか4月なのか」
(Match or April)

f:id:su-nasu:20200318062543p:plain
あと16日!

コロナウイルスが世界の脅威になっています。
(Coronavirus has become a global threat.)

コロナウイルスが発見されてから2ヵ月経ちますが、徐々に世界が慌ただしくなってきました。
(Two months have passed since the discovery of the Coronavirus,but the world has gradually become hectic.)
目に見えない敵との戦いはいつまで続くのでしょうか?
(How long will the fight against invisible enemies last?)
このウイルスは分からないことが多く、対応に困っています。
(This virus is new and people are having troubles on how to respond it.)
季節性のウイルスなのか、今年1年で終息するウイルスなのか、はたまた消滅することのないウイルスなのか。
(Is it seasonal virus? will this virus end this year? will it ever disappear?)
現時点ではワクチンも治療薬も無く、不安が続く毎日です。
(At the moment,there are no vaccine or treatment, and it's anxiety every day.)

経済にも大きな影響を与えています。
(It has a huge impact on the economy.)
イベントの中止、外出の禁止、海外渡航の禁止など、様々なところで自粛が進んでいます。
(Self-restraint is progressing in various places, such as canceling events,prohibiting going out,and prohibiting overseas travel.
ホテル業界、旅行業界などへのダメージは計り知れないでしょう。
(The damage to the hotel industry,travel industry,etc.will be immeasurable.)
この影響は日経平均株価にも現れています。
(This effect is reflected in the Nikkei Stock Average.)
まさか17000円割れになるとは誰も想像してなかったでしょう。
(Nobody would have imaged that it would break 17,000 yen.)

こんな社会情勢ですが、、、あと16日で赤ちゃんが生まれてきます。
(In this crisis,My wife and I are expecting our first born child and his coming in 16 days.)
予定通り4月3日に生まれてくるのか?
(Will he be born on April 3 as planned?)
それとも少し早く生まれてくるのか?
(Or is he born a little earlier?)
いずれにせよ、無事に生まれてくることを祈ります。
(In any case,I hope my baby is born safely.)
生まれてきたことを後悔させないように。
(Don't regret being born.)

2020年は個人的にも社会的にもインパクトの強い年になりそうです。
(2020 is likely to be a year of personal and social impact.)
想像以上のことが起こるかもしれません。
(More than I might imagine.)
どんな事が起こってもポジティブに捉えて、社会と共に成長したいと思います。
(I want to be positive about whatever happens and grow with society.)
そして生まれてくる子供のために何をしてあげられるのか考えたいと思います。
(And I want to think about what I can give to my newborn baby.)
暖かくなる日を待ちながら。
(Waiting for that warm day to come...)
それでは。
(Then.)

いつの時代も子供は生まれてくる。

こんにちは、すなすです。

「忘れられない年になるでしょう」

f:id:su-nasu:20200229171348p:plain
あと34日!

子供が生まれてくるまで、あと34日になりました。
200日前くらいからカウントダウンをしてますが、やっとここまで来ました。
「ただただ待ち遠しい」の一言です。

こんな騒がしい世の中ですが、子供は生まれてきます。
不安定な世の中かもしれませんが、子供は生まれてきます。
生まれてくる子供は何も分かりません。
時代を選べません。
生まれてきた時代を精一杯生き抜くしかありません。
生まれてくる子供が、新たな時代とどう戦っていくのか見守っていきたいと思います。

いつの時代も子供は生まれてきました。
歴史をみれば、大変な時期もあったことは事実です。
何でこんな時代に?と思う子供もいたと思います。
でも、どんな時代であろうと生き抜いて、繋いできたからこそ今があると思っています。
次の時代にどう繋いでいくのか、考えていこうと思います。

それでは。

Baby boy.

こんにちは、すなすです。

「My baby will be born in April.」

f:id:su-nasu:20200126220747p:plain
あと68日!

2020年が来たー!!と思ってましたが、もうすぐ1月が終わります。
本当に月日が経つのは早いですね。
ボケボケしてるとあっという間に死んでしまいそうで、何かしなくちゃと日々見えない強敵と戦っています。
そんな私ですが、今年の4月に父親になります。
(切迫早産の可能性もあるので、もしかしたら3月かもしれませんが、、、)
前回のブログでも書きましたが、子供がもうそろそろ生まれてきます。
ボケボケしてる暇はありません。
父親というこれまでとは全く異なるカテゴリーに入れられてしまうので入念な準備をしなくてはいけません。
「そして父になる」
それなりの「覚悟」と「責任」を持って日々戦っていきたいと思います。

そういえば、先日ようやく性別が判明致しました。
(8週目と3週くらいです)
なんと「男の子」でした!
性別はどちらでもよかったのですが、男の子と判明してこれからのプランを色々妄想しています。
写真をみましたが、立派な息子が写っていました。
こんなにはっきり写るものなのでしょうか。
きっと元気に育ってくれるんだと期待しています
早いものであと68日で生まれてきます。(予定では)
2ヶ月とちょっとです。
2か月後には新たな命を育てていくと思うと、楽しみという気持ちと共に不安な気持ちがこみ上げてきます。
世の中は間違いなく進歩していて便利な世の中になっていくと思いますが、決して素敵なことばかりではないと思います。
そんな世の中の勢いに負けないような、強くて靭な人に育てていけたらと思っています。

赤ちゃんがとても待ち遠しくて1日が長いような気もしますが、あっというまに過ぎているという気もします。
とても複雑な時の流れを感じながら毎日過ごしています。
また随時ご報告いたします。
それでは。

Babyの話

こんにちは、すなすです。

「そろそろ気になる性別の話」



宮崎県も少しずつ冬の匂いが漂ってきました。

冬の匂いは嫌いじゃないです。

ストーブの匂いは昔の記憶を蘇らせます。

夏もいいけど、冬もいいですね。

そんなことをしみじみ思いながら、一人寂しく会社で仕事をしてました。

さて、今年も残り1か月となりました。

早いですね。

1日1日が高速で過ぎていきます。

この前11月になったと思ったらもう12月ですよ。

今年も忙しい12月がやってきますね。

体調を崩さないように、休みながらほどほどに頑張りましょう!

うちの子供も元気に頑張っているようです。

明日から22週に入るので、そろそろ性別が分かる頃かなと思います。

性別が分かったら「すなすのひとり言」限定で教えます!(笑)

正直、どっちでもいいです。

この言い方だと語弊がありますが、どっちでも嬉しいです。

無事に生まれてきてください。

子供が出来たという話になると性別の話を必ず振られるので、何か良い返しを考えています。

何かあれば教えてください。

お待ちしてます。

f:id:su-nasu:20191128233330p:plain
あと130日!
f:id:su-nasu:20191128233405p:plain
あと129日!
f:id:su-nasu:20191128233427p:plain
あと128日!
f:id:su-nasu:20191128233510p:plain
あと127日!

頑張れー。

第6回地域回想法サミット

こんにちは、すなすです。

「思い出話は花が咲く」

本日は「第6回地域回想法サミット」に参加してきました。

市民公開講座です。

朝9時から12時30分まで行われたサミットですが、とても勉強になる有意義な会でした。

プログラムはこちらです。

f:id:su-nasu:20191117225904j:plain
地域回想法サミット
f:id:su-nasu:20191117225942j:plain
地域回想法サミット プログラム

今回、私は初めて参加させていただきました。

「回想法って何?」状態で参加しましたが、終わって帰る頃にはだいぶ理解出来ました。

新たな発見です。とても勉強になりました。

回想法とは、簡単に説明すると
「昔の思い出を皆で語りながら元気になりましょう!」という取り組みです。

かなりざっくりした説明なので、気になる方は調べてみてください。

認知症予防にも役立つ可能性があるということで、これからもっと注目されると思います。

今は、北名古屋市がかなり進んで取り組んでいるようです。

【ご参考までに】
www.city.kitanagoya.lg.jp


本日の講演を聴講して「なるほど、なるほど」とうなずけることがたくさんありました。

確かに、思い出話をすると笑顔になることが多いなと思いました。

「そういえばあんなことあったよね」とか「これ懐かしいー」とか。

そんな経験ありませんか?

小学校の時に流行ったアニメとか見ると懐かしくて笑顔を通り越して、泣けてきますよね。

何故かその当時の記憶が鮮明に蘇ってきて、昔に戻ったような気持ちになります。

全ての物がものすごい勢いで変わっていく世の中ですが、思い出は決して変わらないと思います。

そして、その時の気持ちも色あせることなく光り輝いて残っていくものだと思います。

その時の気持ちを誰かに共有できるってとても素敵なことだと思います。

「思い出で多くの笑顔を創れたら、きっと素敵な社会になる」

そんなメッセージを強く感じました。

今後も「回想法」要チェックです。

可愛いお守りを頂きました。

f:id:su-nasu:20191117230011j:plain
地域回想法サミット お守り/figcaption>

それでは。