すなすのひとり言

宮崎から世界へ

終身雇用は終わりを迎えるらしい。

こんにちは、すなすです。

「どんな反応が正解なんだろう?」

f:id:su-nasu:20190523235949p:plain

ここ最近「終身雇用の終わり」がだいぶ話題になりました。

経団連のお偉いさん、トヨタの社長さんからのメッセージが相当衝撃的だったようです。

「もう雇用は守れない」とのことです。

今の制度では、会社が持たないということみたいです。

さて、どうしましょう。

今より良い企業に転職しますか?

今の会社にしがみつきますか?

それとも、自分で会社を立ち上げますか?

まぁ色んな選択肢があると思います。

ちょうどいい機会なので、考えてみてはいかがでしょうか?

そもそも自分の社会的価値ってどれくらいあるんだろう?みたいな考えもできるかもしれないですね。

不安な気持ちになるかもしれませんが、こういう時こそポジティブに考えてみてください。

そもそも、これまでの「終身雇用」っていう制度は異常だったような気もします。

一つの会社を最後まで愛し続けるみたいな関係です。

武士と大名みたいな関係と似ていますね。

「お殿様に一生付いていくでござる。」的な流れがそのまま残ったんでしょうね。

何か凄くステキに見えなくもないですが、もう少し柔軟な考えもあった方がいいのかなと思ったりするわけです。

やっぱり、何事も変化していきます。

時代も環境も人間関係もテクノロジーもすべて変化していきます。

それに合わせて柔軟に自分の能力を合わせていくほうが上手くいくんじゃないでしょうか。

まとめると、終身雇用が終わるっていうのは決して恐ろしいことではありません。

むしろこれからの時代には合っていると思います。

終身雇用が足枷になっていた会社は、身軽になります。

そうすれば時代の変化に対応できるようになります。

時代の変化に対応できれば、必ず会社は活性化していきます。

会社が活性化すれば、社会も必然と活性化していきます。

社会が活性化すれば、さらなる雇用も生まれます。

新しい産業も出てくると思います。

好循環が生まれます。

こういった変化は必ずやってきます。

なので、こういった変化についていけるように日ごろから勉強して、自分の能力を上げていけばいいと思うわけです。

日々勉強!

これが一番自分を守る方法です。

明るい未来が来ますように。

それでは。

Hi-STANDARD

こんにちは、すなすです。

「ハイスタ」

f:id:su-nasu:20190521155804p:plain

伝説のロックバンド「Hi-STANDARD」をご存知でしょうか?

えっハイスタ知らない人なんているの?って怒られそうな質問ですね。

すいません。

ハイスタの紹介動画です。

【Hi-STANDARD OFFICIAL MUSIC VIDEOより】
www.youtube.com


この動画を見ただけでも鳥肌が立ちますね。

ゾクッてなります。

本当に最高です。

音楽ってすげーってなります。

人生ってすげーってなります。

こんな音楽に出会ったのは後にも先にもハイスタだけです。

ただそれを伝えたくて。

それでは。

これからの時代を生き抜くスキルとは?

こんにちは、すなすです。

「海賊王におれはなるっ‼」

f:id:su-nasu:20190519211852p:plain



不安を煽られる毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

「令和」に変わり日々の生活も変わりましたでしょうか?
「令和」は「AI」の時代と言われています。

「AI」Artificial Intelligence 人工知能です。

なので、これからはAIの勉強をすればいいと思います。

そしたら何かしら生き残れるんじゃないでしょうか。

今すぐに「AI」に関する本を10冊くらい買って猛勉強しましょう。

誰よりも「AI」について語れるようになりましょう。

それが一番だと思います。

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門

正直、これから来るものについて勉強しておくことが一番の精神安定剤になるんじゃないでしょうか?

毎日のように不安を煽られて苦しい思いをするくらいなら、早めに対策しておくことをオススメします。

「これからはAIの時代だ!」

「AIが人間の仕事を奪う!」

「今の8割の仕事がなくなる!」

言われたい放題。(笑)

江戸時代末期の武士状態(笑)

「これからはピストルの時代でござる。」

「刀は必要ない。」

「この世から武士はいなくなるでござる。」

確かに武士はいなくなりましたね。

いくら刀の切れ味がいいと言っても、遠くからピストルで狙われたら終わりです。

いつの時代もテクノロジーによって淘汰されるもの、新しく生み出されるものがあったわけです。

今の時代、刀を持った武士はいなくなりましたが、違う形で残っているものもあります。

例えば、剣道とか。

剣道の道場で指導している人とかいますよね。

なにかしら違う形では残ります。

だからあまり悲観的にならずに、自分の好きなことや夢を語って、新たな時代と合わせていけばいいんじゃないかと思うわけです。

今日の話をまとめると、これからの時代を生き抜くスキルは「AI」に関する知識や技術です。

それと、「AI」という新しいテクノロジーと自分の夢をどう繋げていくかということだと思います。

新しいものを受け入れるっていうのは、これまでの自分を否定されていると思うかもしれません。

そこで頑なに新しい技術を否定してもしょうがないじゃないですか。

考え方を少し変えてみてください。

これまでの自分をアップデートできるチャンスが来たと思えば、受け入れやすくなるんじゃないでしょうか。

これからは間違いなく「AI」の波が押し寄せてきます。

その時に自分は何をするのか?

何が出来るのか?

何がしたいのか?

ということを考えたらいいんじゃないかと思います。

新しい技術は敵ではありません。

むしろ味方です。

自分の夢を叶えるために新しい技術と共に頑張りましょう。

それでは。

レアジョブのすすめ~祝100時間記念~

こんにちは、すなすです。

「英語は筋トレに似ているという言葉を真に受けて」

f:id:su-nasu:20190516141147p:plain
レアジョブ100時間記念!

昨年、英語を頑張ると決意しました。

理由は単純です。

「英語が話せたらカッコよさそうだから」です。

その思いだけを胸に、英語の勉強を始めました。

しかし、英語の勉強をいざ始めてみると「何をしたら良いのか」「何から始めたらよいのか」全く分かりませんでした。

開始早々に挫折しそうになりました。

よくあることですよね。

ですが、今回は少し本気だったので、どうしたら良いか考えてみようと思いました。

「英語ってどうやって勉強するんだろう?」

「英語の勉強に必要なのは単語だけでいいのかな?」

「TOEICで何点取ると英語が出来るって言えるんだろう?」

「TOEICって勉強した方がいいの?」

「なんで英語の勉強をするんだっけ?」

「なんで英語を話したいんだっけ?」

「なんで英語話せるとカッコいいんだっけ?」

「なんで英語の勉強って続かないんだっけ?」

どうでもいいことも含めてたくさん考えました。

答えのない問いもありましたが、そもそもを考えるってとても大事だなと思いました。

自分なりに色々考えて、英語の勉強に必要なことはなにか考え抜きました。

その時に出した答えはこれです。

「英語を話せるようになるためには、英語を話すしかない」

「英語を話せるようになることを目標にしよう」

とても普通のことでした。

シンプルです。

そもそも英語を話したくて勉強を始めたわけです。

だからシンプルに考えて、英語を話せばいいということに気が付きました。

気付くのが遅いですが、気付けて良かったです。

次に、じゃあ英語を話すためにはどうしたら良いの?という問題がでてきました。

また色々考えました。

英会話教室に通う時間も、お金もない。

英語を話せる友達も知り合いもいない。

何かいい方法はないか?

と考えていた時。

以前、挫折した「レアジョブ」を思い出しました。

前回はすぐ逃げ出した「レアジョブ」です。

www.rarejob.com
【レアジョブ英会話】 オンライン英会話 - 会員数No.1
ということで、以前やっていた「レアジョブ」を再開することになりました。

そういう流れがあります。

【始めた頃のブログ】
www.su-nasu.com


なんとかコツコツ継続し100時間(200レッスン)達成することが出来ました。

よく続けられたなというのが一番の思いです。

ここまで続けられたのは「レアジョブ」のおかげだと思います。

f:id:su-nasu:20190516143507p:plain
レッスンルーム(レアジョブ)

「レアジョブ」は英語を話したいという人には最適なサービスが整っていると思います。

特に、自分の好きな時間で受講できるというのは毎日継続したい人にとっては大きなことだと思います。

毎日英語を話す環境が「レアジョブ」にはあります。

1日25分英語を話すだけでも、継続すれば話せるようになります。

私も始めた頃よりも間違いなく話せるようになっています。

英語が聞き取れるようになっています。

もし、英語を話したいという人がいれば「レアジョブ」はオススメです。

私ももっと英語が話せるようになりたいと思います。

100時間記念の報告&「レアジョブ」の紹介でした。

それでは。

ドラクエ的人生に憧れたが故に。

こんにちは、すなすです。

「ドラクエは経験が人を成長させるということを教えてくれていた。」

f:id:su-nasu:20190510103902p:plain

最近、レベル(能力)と年齢はそこまで関係ないということに気が付きました。

えっ!?今更?と思うかもしれませんが、今更です。

何となくそうかなとは思っていましたが、ようやく確信に変わりました。

最近の話題だと、FC東京の久保選手が17歳でサッカーA代表に選ばれたり、12歳の少年がアイフォン用アプリを開発したりと、凄い子供たちが増えてきています。

その他にも各分野で若くて優秀な人がどんどん出てきています。

世の中にとって、本当に素晴らしいことだと思います。

恐らく、若くて優秀な人たちは、もともとの才能もあったとは思いますがそれ以上にものすごいスピードで経験値を積んでいるんだと思います。

それと、昔以上に良い経験を積める環境が整ってきたというのも大きく影響しているでしょうね。

私がまだ小さかった頃、大人になれば何でもできる、何にでもなれると思っていました。

大人になれば勉強もスポーツも何でも出来るようになって、立派な人に成長してると本気で信じていました。

年齢が人を成長させると思っていました。

しかし、この考えは少し間違いだったようです。

実際、中学生になっても、高校生になっても、二十歳を過ぎても現実はそこまで大きく変わりませんでした。

プロのスポーツ選手にもなれませんでしたし、大金持ちにもなっていません。

ましてや、世の中に強烈な影響力を与える人間にもなっていません。

小さかった頃に憧れていた理想の人物には程遠い人間です。

こうなってしまったのは全て自分の責任です。

他の人の責任でも、親の責任でも、社会の責任でもありません。

全て自己責任です。

自分が選択してきた人生です。

時間が経てば何とかなると思ってきた自分の考えの甘さです。

ここはしっかりと受け止めたいと思いますが、ただ受け止めるだけでは先に進めないのでこれから何をするのか、何をすべきなのかを真剣に考えていきたいと思います。

まず、何故今の状況になってしまったのかを考えてみます。

それは、レベルアップが出来ていなかったということに尽きると思います。

「レベル=年齢」と勘違いしていたことも大きなミスです。

つまり、年齢は関係なくただひたすらにレベルを上げることにフォーカスすべきということです。

ではどうやったらレベルが上がるのか?

ここでドラクエのことを思い出してください。

ドラクエの世界ではどうやったらレベルが上がりますか?

スライムを倒す、ドラキーを倒す、変な種を飲む。

色々ありましたね。

ここで大事なことは「経験値を積む」ということです。

ドラクエの世界では、モンスターと戦って倒すと経験値が上がります。

その経験値が一定の数値を超えるとレベルが上がるというシステムですね。

現実の世界も似たようなものです。

モンスターはいませんが、経験値を積むということでレベルが上がっていきます。

経験にも色んな表現がありますが、体験とか挑戦とかそういうことです。

どんな経験でも構わないと思います。

ただ、何か新しいことに挑戦するとか、誰もやったことのないことをするとか、そういう経験は経験値が一気に上がります。

はぐれメタル的な経験が存在するということです。

それと自分がこれはハードルが高いなと思うことに挑戦することも経験値に繋がります。

いつまでもスライムと戦っていてもダメですよね。

自ら経験し、経験から学んだことを積み重ねることがレベルアップということです。

今自分は何レベルでしょうか?

(こういったものが数値化できるシステムがあると面白いですね。)

レベルアップしたそのあとに待っているものは何か。

それは自分が実現したい夢が待っていると思います。

私も早く魔王を倒せる勇者になれるように「経験」を積み重ねたいと思います。

それでは。

営業マンの憂鬱

こんにちは、すなすです。

「営業マンにも悩みはある」

f:id:su-nasu:20190509134209p:plain



タイトルは「営業マンの憂鬱」ですが、暗い話ではありません。

ゴールデンウィーク(最大10連休)も終わり、またいつもの日常が帰ってきました。

今週はちょっとシンドイ人が多いんじゃないでしょうか?

あまり無理せずに徐々にギアを上げていきましょう。

休み明けは気持ちも体もリフレッシュ!なんて言っている人はもう今の時代いないでしょう。

休み明けは身体も心もだらけています。

そこからいつもの状態に戻すことがどれだけ大変なことか。

これは説明しなくても皆さんお分かりいただけるかと思います。

さて、本日はそんな休み明けが辛い!という話をしたいのではありません。

本日は、令和一発目ということで「営業マンの憂鬱」について、ダァーっと書いていきたいと思います。

私の個人的な経験を基に書いていますので、他の人がどう感じているかは知りません。

私は営業マンとして働き始めて8年目を迎えようとしています。

つまり、7年間辞めずにしっかり続けられたということです。

まさか自分がこんなに続けられるとは思ってもいませんでした。

こんなに何かを続けたのはサッカーくらいです。

因みにサッカーは15年続けましたが、他のことは1年以内にほとんど辞めています。

嫌なことは続かない、典型的なヘタレです。

そんな私がなぜここまで続けられたのかを考えてみました。

「続けられた=辞める必要がなかった」

「続けられら=辞めたくなかった」

このどちらかですね。

私の場合は前者です。

「7年間続けられた=辞める必要がなかった」という考えです。

ただ、だらだらと続けているわけではありません。

ですが、どうしてもこの仕事がしたくて辞めたくない!というわけでもありません。

実際は、今の仕事の奥深さを知り、今のままでは辞められないなというのが本音です。

まだまだ未熟者ということです。

自分のスキルの低さに呆れることもあります。

そして今よりもっとレベルを上げたいと毎日思っています。

そのレベルって何??と思うかもしれません。

そこに関しては、また後日書いていきたいと思います。

営業マンというのは非常に奥が深い仕事だと思っています。

営業マンの仕事について説明することは簡単ですが、実際に行うことは難しいです。

なぜ難しかというと、正しいやり方が無いからです。

答えはあります。

答えは、数字(価値)を出すことです。

実際、数字を出せる営業マンは正しいと評価されます。

一方、数字を出せない営業マンは間違いと評価されます。

どれだけ真面目で、誠実な人でも数字が出なければ評価されません。

辛いですね。

数字の出し方(やり方)はそれぞれ違います。

数字が出れば、そのやり方は正しかったと証明されるわけです。

つまり、数字が出て初めてこのやり方が正しやり方だったんだと分かるわけです。

ですが、そのやり方を他の人がやっても数字が出るとは限りません。

ある人にとっては正解でも、ある人にとっては間違いというケースが多くあります。

また、意外なことが正しかったりするわけです。

周りから笑われるようなことが正しかったりするわけです。

そうなってくるともう訳が分からなくなります。

そこには楽しさもありますが、憂鬱な気分になるときもあるわけです。

こんなに頑張ったのに数字がでないと落ち込むときもあれば、こんなことでいいの?ラッキーと思うときもあります。

そういった複雑さに振り回されながら、答えを見つけ出さなくてはいけません。

これだけ奥深い仕事は他に無いんじゃないでしょうか?

おそらくAIが発展してきても営業は色んな形で残るのでは?と考えています。

営業マンの皆さん、令和も頑張りましょう。

それでは。

レアジョブのすすめ~TOEIC730までの軌跡~

こんにちは、すなすです。

f:id:su-nasu:20190402140017p:plain


「英語と筋トレは同じという言葉を信じて」



4月1日に新元号が発表されました。

「令和」

今は聞き慣れていないので変な感じがしますが、いずれ当たり前になる日が来るんだと思います。

たぶん昭和から平成になったときも違和感があったんだと思いますが、すっかり慣れましたよね。

慣れっていうのは、善し悪しがありますね。

そんなことを思った1日でした。

そして、昨日はTOEICの結果発表日でもありました。

【1月に書いた意思表明】
www.su-nasu.com

3月10日にTOEICを受験しまして、その結果が昨日発表されました。

まずは、結果をお伝えします。



f:id:su-nasu:20190402134601p:plain
TOEIC0310

TOTAL:570 
Listening:365
Reading:205
という結果でした。

ひとまず安心しています。

まさかListeningで365も取れると思っていなかったので、正直驚いています。

毎日英語を聞き続けて良かったと思いました。

それと「レアジョブ」を継続し続けて良かったと思いました。

「継続は力なり」という言葉が今はよく理解できます。

昨年の夏ごろからオンライン英会話「レアジョブ」を始めて、約半年が過ぎました。

始めた頃は「これって上達するのか?」と疑問に思うこともありましたが、何とかモチベーションを維持しながら続けました。

その成果がListeningに表れたのかなと思っています。

Readingの方は課題が残ってしまったので、今後しっかり対策していきたいと思います。

ちょっとReadingは自信がないので、良い勉強方法があれば教えてください。

引き続き、英語の勉強を継続してレベルアップしていきたいと思います。

少しだけ海外が近づきました。

宮崎から海外へ。

そして、TOEIC730を目指して頑張ります。

それでは。