すなすのひとり言

宮崎から世界へ

宮崎県って知ってる?

こんにちは、すなすです。

 

「宮崎県って知ってる?」ってよく地元の友達に聞いてました。

当時、宮崎県のことを本当に知らなかったのと、半分バカにした感じで質問をしていました。

友達からは、名前は知ってるとか、九州でしょ?とか曖昧な回答が返ってきたのを覚えています。

そんな質問をしていた私ですが、宮崎県に来て6年が経ち、宮崎県を愛する人間になってしまいました。

住めば都なんて言葉がありますが、まさにその通りです。

こんな魅力的な場所は全国どこを探しても見つからないと思います。

今日はそんな宮崎県の魅力について少しだけ紹介したいと思います。

 

私が思うに、宮崎県は将来住みたい人が物凄く増えます。

それも、日本人だけでなく世界から移住してきます。

日本全体が「少子高齢化」や「人口減少」で不安になっている中、宮崎はダントツで盛り上がっている県になっています。

なぜなら、人が集まる要素や魅力が詰まっているからです。

その魅力とは、なんといっても「環境の良さ」です。

これだけだと漠然としていて分かりにくいので説明します。

 

  • 人が住みたくなる環境

まず、とにかく住みやすいです。住みやすいというよりも「生きやすい」という表現が当てはまると思います。基本的に晴れていることが多く、南国のリゾートのような感じです。リゾートに来たようなゆったりとした時間が流れている感じがします。実際に「日向時間」という言葉が存在するようです。こういった言葉があるように、あまりせかせかせず、ストレスフリーな環境でもあります。

そして、食べ物がとにかく美味しいです。肉、魚、野菜、米、麺どの食べ物を食べても美味しいです。特に有名なのが「宮崎牛」「地鶏」です。「宮崎牛」は内閣総理大臣賞を3大会連続で受賞しています。いわゆる日本一を3年連続取ったということです。結構いろんな店で宮崎牛をだしてるので、身近に食べることができます。

また、「地鶏」も有名です。地鶏の炭火焼きは誰もが聞いたことあるんじゃないでしょうか。これもお手頃な値段で食べられるので、一度食べていただきたい一品です。

まさに「低価格 高品質」最高です。

宮崎県は、山と川と海がすぐ近くにあり、自然豊かなところなので、食材の品質が非常に高いのが特徴だと思います。

今、宮崎県の食材が全国的に非常に人気のようで、東京のデパートでは物凄い価格で取り扱われている食材もあるようです。

 

都会の人が気になる交通の便に関しては、基本的に車です。電車を利用するケースは少ないように思います。電車は1時間に1~2本程度で、1~2両編成なので、電車を使うと少し不便ですが、電車を使うケースがほとんどないような気がします。

通学で学生さんを見かけますが、都会ほど多くはありません。

なので、満員電車などのストレスもありません。

宮崎市内中心部(宮崎駅)から宮崎空港まで車で約20分で着きます。市内中心部から空港までこんなに近い県も珍しいですね。

宮崎空港から羽田までは約1時間30分です。大分や熊本に行くよりも東京に行くほうが早いかもしれません。意外と便利です。

 

宮崎県ってお店はあるの?お店がなさ過ぎて買い物に困るのでは?と心配されている方もいると思います。

その心配はいりません。最近は、インターネットでの売買が手軽にできるようになったので、物には困りません。

正直、イオンしか買い物するところはありませんが、本当に欲しいものはAmazonやZOZO、楽天ですべて手に入ります。インターネット×宮崎県は最高の相性かもしれません。

 

周りに移住してきた方がいたので話を聞いてみると、移住した理由に住みやすかったからとか、サーフィンがしたかったからとか、のんびりしているからといった理由が多かったです。1度宮崎に住まれた方は帰ってくるケースも多いようです。

1度この住みやすさを味わってしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまいそうですね。私もできれば出ていきたくないです。

 

気候・食べ物そしてストレスフリーに魅力を感じた方は宮崎県をおススメします。

仕事も職を選ばなければなんでもあります。

忙しすぎて何か大事なものを忘れかけている人にもおススメです。

まずは1度宮崎に遊びに来てみてください。

それでは。