すなすのひとり言

宮崎から世界へ

就活に勝つ〜人を動かす〜

こんにちは、すなすです。

将来どこかの組織に属したい人、サラリーマンになりたい人だけ読んで下さい。

起業する人や、フリーランスで活躍したい人には全く意味のない内容になってます。

参考にならないと思います。

ご了承下さい。



私は、会社のために身を粉にして働いてるサラリーマンです。

ごく一般的なサラリーマンです。

大学3年の時に就活をして、内定を貰い、大学を卒業した後、入社するという一般的な流れです。

なので、サラリーマンの立場でしか話せません。

起業のためのスキルとか、即独立の話なんてのは全く出来ません。

なぜなら、経験がないからです。

何が言いたいかと言うと、就活の勝ち方は知ってますということです。

それ以外の道は知らないので、語ることは出来ません。

自分が就活でやってきたことと、サラリーマンになって分かったことから「就活の勝ち方」について書きたいと思います。



今の時代、就活なんてしなくてもいいと言う人もいます。

卒業したら自分で起業してやりたいことやれよ!って言う人も多くいます。

私もそれは賛成です。

なぜかというと、自分のやりたいことじゃないと面白くないし、続かないからです。

人生一回きりなので、やりたいことやりましょうっていうのは大賛成です。

ですが、大半の人は就活をすると思います。

なぜなら、やりたいことが分からないからです。

それと、起業なんてハードルが高いと思ってるからです。

そう思っている人は是非就活しましょう。

まず、就職してから自分のやりたいこと見つけましょう。

それでも遅くはないです。


では、大半の人が就活すると思いますので、就活の勝ち方を書きたいと思います。

就活するからには自分の行きたい企業に就職したいですよね。

みんなに誇れる企業に行きたいですよね。

この考えはちょっと危険ですが、まぁしょうがないと思います。

みんなが知っている企業に行けばそこそこ安定してますし、優越感に浸れます。

その考えは少し置いといて、せっかく就活するのであればバンバン内定取りたいですよね。

出来れば勝ちたいですよね。

その勝ち方について少し書きたいと思います。

就活に勝つ=企業から内定を貰うことです。

企業が内定を出すということは、企業が是非入って欲しいということになります。

つまり、その企業が欲しい人材が内定を貰えるということになります。

なので、企業が求める人材になりましょう。

そうすれば、何社からも内定が貰えます。


では、企業はどんな人材が欲しいのか?

これは企業によって様々ですし、職種によっても様々です。

なので一概に言えませんが、こういう人材が欲しいっていう共通事項はあります。

それは「人を動かせる人材」です。

自分が動くことは当たり前ですが、自分以外の人を動かせる人が企業にとっては貴重です。

そういう人材を求めています。

簡単に言うと、人に影響力を与えられる人材です。

「◯◯さんと一緒に働きたい!」とか
「◯◯さんのためならやります!」とか

そう言われる人材を企業は求めています。

なので、これまで生きてきて「人を動かす」ことが出来たエピソードがあると面接官の心をグッと掴みます。

例えば、部活をしていた人であれば
「チームが全国大会に出場するために、チームを1つにまとめました。チームを1つにまとめるために行ったことは、◯◯です」

バイトをしていた人であれば
「売り上げを上げるためにバイト仲間と協力しました。◯◯のやりかたが1番売り上げを上げることができました」

こんな感じのエピソードです。

試してみて下さい。

「会社四季報」業界地図 2018年版


ちょっと補足すると、目標達成のために人にお願いが出来るかどうかです。

プライドとか捨てて、目的のために人に頭を下げられるかどうかなので、そんなエピソードがあれば強いと思います。

どんどん内定取りましょう!

それでは。