すなすのひとり言

宮崎から世界へ

ビットコインの可能性〜将来のことを考える〜

こんにちは、すなすです。


もし誰かが近くで弱っている時。

手を差し伸べられる人間。

もしくは突き放す人間。

どちらもせず、ただただ傍観する人間。

そんな場面に出くわした時、どんな対応ができるか。

私は迷わず、手を差し伸べられる人間になりたいです。


似たような話があります。

投資の世界では
「夏にコートを買い、冬にTシャツを買う」という言葉があるような、ないような。

つまり、物の価値(評価)が下がっている時が買い時であり、価値(評価)が上がったら売り時であるということです。

投資の基本のようです。

人で例えてしまうと、あまり良い例えでは無くなってしまいますが、同じことです。

人が困ってる時、弱ってる時は寄り添ってあげる。

そうすれば、その人はいつか大きな恩返しをしてくれるでしょう。

ワクワクしながら待ちましょう。


さて、本題です。

一時物凄い話題になった「ビットコイン」の話です。

現在は1BTCあたり70万円前後で推移しています。

※因みに、ここではビットコインについて詳しいことは書きません。
詳しいことが知りたい方は、他のブログや本を読んで下さい。

【勉強したい方はおススメです】
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



それでは、続けます。

一時、毎日のように価格が上昇していたビットコインは、1BTCあたり200万円まで上昇しました。

あの時の過熱ぶりは凄まじいものがありました。

連日ニュースでも取り上げられ、まさに「仮想通貨バブル」が起こっていました。

仮想通貨によって「億り人」と呼ばれる人もでてきました。
※仮想通貨で億単位儲けた人のことです。

仮想通貨の将来性を見越して昔から買っていたか人は凄いですね。

まさに、投資家です。

一方で、これは投資ではなく、投機であり一過性のものであるという意見の人もいました。

仮想通貨に将来性などないという人もいました。

本当に色んな意見が出て勉強になりました。

今後どうなるかは分かりませんが、優れた技術であるということは間違いないと思います。

少し熱が下がってますが、注目する価値はあります。

とにかく話題が話題を呼んで大変な盛り上がりを見せてくれました。

そして、少しだけ夢を見せてくれました。

「ビットコイン」ありがとう!


仮想通貨関連ですが、嫌なニュースも目立ちました。

大きなニュースになったのは、コインチェックのNEM流出事件です。

これも大々的に報じられたので、やっぱり仮想通貨は危ないんじゃないかと思われた方も多くいたかと思います。

ここで言いたいのは、何事にもリスクとベネフィットがあるということです。

1つの事象だけをピックアップしてしまうのは非常に危険な考えです。

良い面、悪い面をトータルで考えることが重要です。

まあ、この辺りの問題や管理を徹底していくことで、より信頼されるものになるのかなと思います。


今当たり前のように使われている物や技術も最初はすんなり受け入れてもらえませんでした。

今の状態になるまでに多くの問題を乗り越えて来ています。

厳しい時こそ寄り添いの精神で。

今後の「仮想通貨」「ビットコイン」動向に注目していきましょう。

それでは。