すなすのひとり言

宮崎から世界へ

英語が出来るって何?~Yes we can~

こんにちは、すなすです。

f:id:su-nasu:20190115143013p:plain

今年の全国高校サッカー選手権は「青森山田高校」が優勝しました。

本当に強かったですね。

決勝戦は、千葉県代表の流通経済大柏高校に3-1で勝利。

見事な逆転勝利でした。

いやー、今の高校生は本当にレベル高いですね。

一人一人の能力の高さに驚きました。

どうしたらそんなに上手くなれるんでしょうか?教えてほしいです。

サッカーに関しては、確実に日本全体のレベルが上がっていると思います。

若手に有望な選手がたくさんいます。

若くて優秀な選手は早く海外に出て色んな経験をしてもらいたいですね。

海外で通用する選手が増えたら、日本がワールドカップで優勝出来る日もそう遠くはないのではないでしょうか。

楽しみです。


さて、話は変わって本日は「英語が出来るって何?」というテーマで書きたいと思います。

私事ですが、最近色んな人に「海外で働きたい!」「海外で働きます!」と言っています。

これは本心です。

冗談ではなく、本音で言っています。

すると、大概の人は「英語出来るの?」って聞いてきます。

英語出来なそうな顔してるからでしょうか?

ほぼ100%聞いてきます。

まぁ、これはごく普通な会話なのかなと思っています。

なので、この質問をされた時はいつも同じ回答をするようにしています。

「英語できます!大丈夫です!」

すると、相手は「どれくらい出来るんだ?」って聞いてきます。

なので私は「ある程度」と訳の分からない回答をしています。

そしたら、次の質問で「TOEIC何点くらい?」という質問がきます。

またTOEICか、、、

この質問は毎度のことなので「TOEICは受けたことありません!」と素直に回答しています。

すると、海外の話はいつのまにか終わっています。

海外の話をするといつもこんな感じのやり取りになってしまいます。

もうウンザリです。


「海外で働きたい」という話をすると必ず「TOEICは何点?」という話に繋がります。

ほとんどです。

そこで私は気が付きました。

世間では「英語が出来る=TOEICの点数」なんだということに。

英語が話せても、TOEICの点数がよくなければ証明が出来ないんです。

海外で働きたいという熱い気持ちがあっても、TOEICの点数がよくなければ認められないんです。

TOEICの点数は最強なんです。

ということに気が付きました。



ということで、3月にTOEICを受けることにしました。

いまから物凄く緊張しています。

3月に向けてしっかり勉強します。

「英語が出来る証拠」を作りたいと思います。

でも、たとえ300点でも「英語できます!」とは言い続けたいと思います。

それでは。

【早速購入しました】
TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)