すなすのひとり言

宮崎から世界へ

趣味は何?と聞かれたら。

こんにちは、すなすです。

f:id:su-nasu:20190310214547p:plain



本日TOEICを受けてきました。

いやー、難しい。

途中で泣きたくなりました。

全然時間足りないじゃないですか。

最後の方、問題も読んでいませんよ。

半年前からオンライン英会話を始めたりして頑張ってきましたが、全然ダメですね。

正直、TOEICを甘く見ていました。

オンライン英会話してるからなんとかなるだろうと思ってましたが、何ともならなかったです。

TOEICにはTOEIC対策をしないとダメということに気が付きました。

これに気が付けたことが大きな進歩かなと思います。

次回は夏に受けようと思います。

頑張ります!

さて、本日は「趣味は何?」と聞かれたときの対処法について書きたいと思います。

すでに趣味がある人は、その趣味を答えてもらえばいいと思います。

「趣味は何?」と聞かれて困っている人は参考にしてもらえればと思います。

結構この質問って困りますよね?

私は正直困っていました。

どうしても人と会話をしなければならない状況ってあるじゃないですか。

その時に一番ありきたりな質問がこの質問です。

「趣味は何ですか?」

まぁどうでもいい質問なんですが、話をしなければならないときは役に立ちます。

しかし、趣味がない人にとっては地獄のような質問です。

「趣味か、、、」

「これを趣味と言っていいんだろうか、、、」

「これを趣味と言ったら引かれるんじゃないか、、、」

趣味がそもそもない人や、くせの強い趣味を持っている人にとっては辛い質問になります。

すごく分かります。

そんな人のためにいい返しを思いつきました。

それは、、、

「成長すること」です。

「趣味は成長することです。」と返してみてください。

???

「???はぁ」

「どんな?」

相手に想像させたらこっちのもんです。

趣味というのは、特定のものでなくてはいけないというわけではありません。

基本的には何でもいいんですよ。

なので、自分が成長できることは全て趣味という意味で、この言葉を返せばいいと思います。

「私の趣味は成長することです。」

これを言った後に、相手がどう返してくるのか待てばいいわけです。

「私の趣味は成長することです。」

「例えばどんなことですか?」

「たとえば、毎日筋トレをして誰にも負けない筋肉を鍛えています」とか。

「たとえば、毎日英会話を1時間しています」とか。

「たとえば、毎日ゴルフの素振りをしています」とか。

「たとえば、ブログを毎日更新しています」とか。

こんな感じで話が広がりますよね。

なら最初から筋トレって言えばいいじゃないかと言われるかもしれませんが。

ここが大きなポイントになります。

「成長」という言葉を使うことで、相手にイメージさせることが大事です。

相手が「成長」という言葉をどう受け止めるか。これが大事です。

会話というのは、相手に想像をさせることが大事になります。

人間は勝手に自分の都合のいいように想像します。

だから、勝手に想像させておけばいいんです。

想像が会話を発展させるんです。

「成長」というキーワードからあなたは何を想像しますか?

ぜひ、使ってみてください。

それでは。