すなすのひとり言

宮崎から世界へ

終身雇用は終わりを迎えるらしい。

こんにちは、すなすです。

「どんな反応が正解なんだろう?」

f:id:su-nasu:20190523235949p:plain

ここ最近「終身雇用の終わり」がだいぶ話題になりました。

経団連のお偉いさん、トヨタの社長さんからのメッセージが相当衝撃的だったようです。

「もう雇用は守れない」とのことです。

今の制度では、会社が持たないということみたいです。

さて、どうしましょう。

今より良い企業に転職しますか?

今の会社にしがみつきますか?

それとも、自分で会社を立ち上げますか?

まぁ色んな選択肢があると思います。

ちょうどいい機会なので、考えてみてはいかがでしょうか?

そもそも自分の社会的価値ってどれくらいあるんだろう?みたいな考えもできるかもしれないですね。

不安な気持ちになるかもしれませんが、こういう時こそポジティブに考えてみてください。

そもそも、これまでの「終身雇用」っていう制度は異常だったような気もします。

一つの会社を最後まで愛し続けるみたいな関係です。

武士と大名みたいな関係と似ていますね。

「お殿様に一生付いていくでござる。」的な流れがそのまま残ったんでしょうね。

何か凄くステキに見えなくもないですが、もう少し柔軟な考えもあった方がいいのかなと思ったりするわけです。

やっぱり、何事も変化していきます。

時代も環境も人間関係もテクノロジーもすべて変化していきます。

それに合わせて柔軟に自分の能力を合わせていくほうが上手くいくんじゃないでしょうか。

まとめると、終身雇用が終わるっていうのは決して恐ろしいことではありません。

むしろこれからの時代には合っていると思います。

終身雇用が足枷になっていた会社は、身軽になります。

そうすれば時代の変化に対応できるようになります。

時代の変化に対応できれば、必ず会社は活性化していきます。

会社が活性化すれば、社会も必然と活性化していきます。

社会が活性化すれば、さらなる雇用も生まれます。

新しい産業も出てくると思います。

好循環が生まれます。

こういった変化は必ずやってきます。

なので、こういった変化についていけるように日ごろから勉強して、自分の能力を上げていけばいいと思うわけです。

日々勉強!

これが一番自分を守る方法です。

明るい未来が来ますように。

それでは。